Illustratorで文字をカラフルにする方法【一部だけ色を変える】

当ページのリンクには広告が含まれています。

今回は文字の一部だけ色を変える方法をご紹介します。

まめ

3分あれば余裕でできちゃう◎

文字を目立たせることができるので、ロゴ制作の際にも使える小技です。

それでは、Illustratorで文字の一部の色を変える方法をどうぞ!

2024/3/5 〜 Adobe CC公式が値上げになりました!
年間プラン一括払いは72,336円 → 86,880円に
Adobeマスター講座はまだ価格据え置き状態ですが、今後値上げになる可能性大ですので購入予定の方はお急ぎください!

\半額以下!86,880円→39,980円で買える /

目次

出来上がりのイメージ

イラレ初心者さんでも簡単にできますよ◎

Illustratorで文字の一部の色を変える方法

STEP
Illustratorのアートボードに文字を配置

文字やフォントなどが確定してから作業を開始してください(アウトライン化するので途中変更ができません)

STEP
文字を選択→書式→アウトライン化

文字を選択した状態で、書式→アウトラインを作成をクリックします。

STEP
文字を選択→オブジェクト→グループ解除
STEP
色を変えたいところをナイフツールで切り離す→色を変える

↑「字」はうかんむりだけ色を変えようとしても、見えないところで繋がっているため、ナイフツールで切り離す必要があります。

ナイフツールはaltキーを押しながら使うと直線が引けます!

こんな方法もある!

選択→オブジェクト→複合パスを解除→色を変更

複合パスを解除すると、一部色を変えられますが、文字の隙間が埋まってしまいます。

埋まってしまったところの色を背景色に変更すれば問題ありませんが、今回はナイフツールで対応したいと思います💡

STEP
完成

文字の一部の色を変えたデザイン紹介

文字の一部の色を変えたデザインは非常に多く、ロゴだけでなくバナーにも使われる手法です。

https://jp.pinkoi.com/topic/stationery_jp?ref=herobanner
https://ensmay.themedia.jp/posts/14256077
https://pin.it/LsL548vjR

文字の色を変えることで、よりデザインのイメージカラーを強調することができますよね♩

まとめ

今日はIllustratorで文字の一部の色を変える方法をご紹介しました。

Illustratorで文字の一部の色を変えるSTEP5
  • Illustratorに文字を配置
  • 文字を選択→書式→アウトラインを作成
  • 文字を選択→オブジェクト→グループ解除
  • 色を変えたいところをナイフツールで切り離す→色を変える
  • 完成

ナイフツールを使えば好きなところで区切ることが可能です◎

今回ご紹介した方法でできない場合はお気軽にお問い合わせください🌸

目次